仲間を紹介します。

私たちインヴァランスには約100名の社員がいます。そのうち半分は中途入社です。皆、肩書きや年齢差に関わらず、和気あいあいとした雰囲気を持ったメンバーばかりです。いま社内に流れる良いムードを大切に、これからも仕事に励んでいきたいと思います。

能動的に動く! 全ては自分次第。

Maiko Mikami

アセットコンサルティング部三上 真惟子

当社に決めた理由

私が就活生として面接を受けた時に、面接官だった現在の上司は不動産営業には二通り方法があるという話をしてくれました。一つは、広告宣伝などに反応した顧客に対してアプローチをしていく「反響営業」。もう一つは、購買意欲をまだ抱いていない個人に向けて深層心理に働きかけていく「源泉営業」です。ビジネスの世界でよく言われる言葉に「ドリルを買うお客様が欲しいのは穴であって、ドリルではない」というものがあります。この言葉を思い出した私は、源泉営業に興味を持ちました。自分が提案したことが、相手が深層的に求めていたものに繋がっていたら面白いなと思ったのです。

その後に上司が続けた言葉が、入社への決め手になりました。
「約3000万円の物件の購入を決意する時、お客様は何で購入を判断していると思いますか?」
「商品でしょうか」
「人です。営業マンの人間力です。あなたという人間から、商品を買う。会社ではなく、最後は対個人の関係なんです」
この上司の言葉を聞いて、この世界に挑んでみたいと思い、入社を決意しました。今まで守られた世界でぬくぬくと育ってきた自分との決別が、私にとっての入社でした。

仕事をする上で心がけていること

会社から一歩外に出ると、私は「インヴァランス」の看板を背負った一個人になります。私の行動一つが、会社に対する信頼にも関わってくるので、社外にいる時こそ常に緊張感を持ち、相手に敬意を持った行動を心がけています。
例えば、基本ではありますが、待ち合わせの10分前には必ず到着するなど、時間にゆとりを持つことを大切にしています。
また、人と人が対面した際の第一印象が今後の人間関係に大きく影響すると言われているので、第一印象で悪くならないように身だしなみの清潔感などは特に気にかけるようにしています。
社会人としての基本が出来ていないと、相手と気持ちの良い対話コミュニケーションが出来ないと思うので常に基礎を怠らないように努力しています。

やってみたい!
発言が通る環境!!

オフの過ごし方

前日に目覚ましをかけずに寝て、自分の好きな時間に起きるようにしています。
仕事柄、外で人と会うことが多いので、一人の時間を楽しむことが休日の醍醐味です。
見たかった映画のDVDを見たり、大人の塗り絵をしてみたり、料理や洗濯をしてみたり…。慌ただしい日々を見つめなおす良い機会になります。
これだけだとインドアのように見えるかもしれませんが、友達から誘いがくると外に出たり、美容院にいったり、運動不足を解消するためにジムに行ったりもしています。
休日は「自分の好きなことだけをする!」がモットーです。

上司はどんな人?

私の上司は、とにかく人間としての魅力に溢れた方です。
営業として初めて社外に出た時も、「まずは自分で経験して学んでおいで」と、私自身の納得がいくまで自分流の新規開拓案を温かくサポートしてくれました。
頑固な私を見捨てることもせず、出来ていない部分は見過ごす事なくキチンと指導してくれます。
同業他社では初めは先輩同行が必須だったりするところを、まだ入社して日が浅いうちから個人として信頼してくれて、一人で外回りの仕事を任せてもらえたのは本当に嬉しかったです。
放置するのではなく、見守ってくれるので「この人のために頑張りたい」と素直に思えます。
尊敬している以上に、感謝の心も、憧れもあるので、プライベートでもつい上司の話をしてしまいます。
思わず人に紹介したくなるような、私にとって自慢の上司です!

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 採用情報 インヴァランス